HOME>注目記事>働いた分を請求するのは正当な権利で泣き寝入りしない
男性弁護士

時効になる前に請求

残業を行っているのにまともに残業代を支払われないことで悩んでいるなら、京都の残業代請求のことで様々な事案を解決してきた弁護士事務所に相談することです。労働者は働いた分を請求する権利があり、泣き寝入りする必要はないのです。しかし会社側と単独で対峙するのは力に差がありすぎるので、そこは法律の専門家に任せることで対等に交渉することができるようになるのです。また年俸制や歩合制などの雇用形態であっても残業代を請求することはできるので、一人で悩んでいないで京都の弁護士事務所に相談してみることです。残業代は直近のものだけでなく、給料日より2年間は遡って請求できます。そのため不払いの残業代があるなら、時効にかかる前に京都の弁護士事務所の知恵を借りることです。ただ働きする必要はなく、働いた報酬を受け取るのは当たり前のことなのです。

成功報酬制なのでリスクはゼロ

京都の弁護士事務所の残業代請求の事案を依頼する場合には、証拠を用意しておくことです。まず就業規則や給料明細や雇用の契約書などの労働条件を示す証拠が必要になります。次にタイムカードや日報などの実働時間を記載したものが要ります。メールやフアックスなどの送信記録なども証拠になるので諦めないことです。また会社を退職した後でも残業代請求を行うことはできるので、京都の弁護士事務所に相談してみるといいです。それから残業代請求を行ったことで、雇用契約を解除された時は無効とすることもできます。さらにタイムカードを押した後でも残業代は請求することはできるので大丈夫です。京都の弁護士事務所に、残業代請求を依頼した場合の費用は成功報酬制で着手金は無料です。交渉残業代を勝ち取った場合の報酬は下限で20万円ぐらいで、裁判までいくと下限が30万円ぐらいとなります。残業代が獲得できなけば、費用はかからないのでお客様にリスクはないので安心です。

広告募集中